2007.02.18

ぎっちょんちょんでパイのパイのパイ

風呂でゆっくり温まってぼんやりしているときに、ふと、「??ちゃんったら、ぎっちょんちょんで、パイのパイのパイ」という、子供のころにどこかで聞いた歌を思い出した。

全く何の脈絡もないので、なぜそんなものを思い出したのか自分でも分からないが、いったいこれは何の歌だろうかと思って、googleで調べてみたら・・・

なんと、これは、アメリカの南北戦争のときに歌われた、北軍の軍歌! (Marching Through Georgia)

しかも、作曲者は Henry Clay Workで、「大きなのっぽの古時計・・・」のあの曲の作曲者だ。

ああびっくりした。今日の日記ネタにしよう。落ちは特にない。

2006.07.10

If you were gay (Subjunctive/仮定法)

The subjunctive is one of the three grammatical moods of English, along with the imperative and the indicative. Unfortunately, I always confuse the indicative and the subjunctive. It's a matter of usage rather than grammar. When should I use the subjunctive?

Then, I happened to find a good example of the subjunctive. Here we go...


(If the movie doesn't start, click here.)
"If Ryuichi were gay" http://www.youtube.com/watch?v=1fP3PZ0DBW4

Oh... Well... For some reason, I have a feeling that the present indicative tense would be better. -- They certainly are. And that is perfectly okay. I love them. But I'm not gay.

Maybe it's about time I went to school again to study English. :)

(まあとにかく、日本製の毒は、かなりのスピードで世界に蔓延しつつあります。翻訳の品質には色々な問題があるものの、ストロベリー・パニックもプリンセス・プリンセスも、日本のテレビで放送されて1週間以内にファンの作った英語字幕を載せた映像がインターネットに出回る時代になりました。すごい世の中ですね。)

2006.06.02

Manga Maniac

うむ。エッチなのは、よろしくありませんな。

当たり前だが、この歌そのものがファンタジーである。"The way he acts is giving me a heart attack, wants me to look like the hooker in the comicbook" なんて、お嬢さん悪いことは言わない、そんな変態とはさっさと別れなさい。あはは。全くもう。

さて、せっかくなので英語ネタを少々。

日本語の「マニア」は、熱狂的な人という意味で使われるが、これに対応する英語の名詞は mania ではなく maniac である。 mania は「熱狂」とか「躁病」という、どちらかというと抽象名詞であって、「人」の意味はない。語尾が -acなので形容詞のように見えるが、どういうわけか maniac は名詞だ。形容詞形は maniacal (狂ったように激しいという意味)である。

それから、この映像の最後には、某アニメの有名なセリフ「エッチなのはいけないと思います!」が出てくる。「いけない」という口語表現に「思います」という丁寧語がつながって、微妙に子供っぽい不自然な点に味がある。これをニュアンスを維持したまま英訳するのは、かなり難しい。この字幕では、I think that ecchi is inappropriate! という無難な訳になっている。別のところで見かけた例では、非難がましさと堅苦しさを強調して I strongly disapprove of ecchi! という訳もあった。もっとも、もともとの言い回しが微妙に変なので、どういじっても無理なものは無理なのだけれど。だいたい「エッチ」をどう訳したものやら。

【この段落は、眉につばをつけて読んでください】
このふたつの英訳例では、ecchi という単語を不可算の抽象名詞とみなしている。そこで興味深い(と、私が勝手に思った)ことは、最初に書いた mania と maniac という二つの名詞の関係と、日本語の「エッチ」と「エッチなの」のそれとがちょっと似ているという点である。ある状態を意味する名詞「エッチ」に助動詞「だ」がくっついて形容動詞ができる。その連体形「エッチな」に続く「の」は、人・もの・状態などを意味する名詞の代用品だ。結局、「エッチなの」は、「エッチな人、エッチなこと」という意味の名詞であり、あのセリフの主語を形成する。日本語の文法は、こういうふうに文法的な記号をどんどん規則的にくっつけることによって、単語の文法的な役割や意味合いを変えていく。さて、「エッチは、いけないと思います」と「エッチなのは、いけないと思います」の違いは何だろうか? 英訳するとき、この両者はどう区別すればいいだろう。後者は、ひょっとしたら I think that ecchish matters are inappropriate か? いや、まさかね。

まあそんなことはともかく、以下は、リンク先の映像の中で歌われている歌の題名と歌詞。

Title: Manga Maniac
Lyrics:

He's a manga, manga, manga maniac
He loves them all the ladies in the paperback
Some pretty girls are dancing on the cover
In white and black
Cause he's a manga, manga maniac

[narration]
He's a manga maniac. He's such a maniac
Oh, manga, manga

Some boys like to flirt with every pretty girl they see
Some boys want to touch a beauty in their fantasies
Some boys come home drunk in the middle of the night
Some boys like their cigarettes and some boys really love to fight

[male voice]
But I like something that is really fun
I want to be alone, when my baby is gone
Unpack all my stuff, well I can't get enough
With the manga in my hand I jump into my wonderland

He's a manga, manga, manga maniac
He loves them all the ladies in the paperback
Some pretty girls are dancing on the cover
And in his dreams he wants to be their lover

Manga, manga, manga maniac
The way he acts is giving me a heart attack
Wants me to look like the hooker in the comicbook
In white and black
Cause he's a manga, manga maniac

[narration]
He's a manga maniac. He's such a maniac
Oh, manga, manga

[male narration]
I'm a manga maniac. I'd have to be a maniac
maniac, yeah

He's a manga, manga, manga maniac
He loves them all the ladies in the paperback
Some pretty girls are dancing on the cover
And in his dreams he wants to be their lover

Manga, manga, manga maniac
The way he acts is giving me a heart attack
Wants me to look like the hooker in the comicbook
In white and black
Cause he's a manga, manga maniac

Cause he's a manga, manga maniac

2006.05.29

Schoolhouse Rock

あずまんが大王のゆかり先生は英語教師なので、こういう作品を作る人が出てくるのは当然のこと?

以下は、この歌の題名と歌詞。
http://www.schoolhouserock.tv/Grammar.html より引用。)

Title: A Noun is a Person, Place, or Thing

Lyrics:
Well every person you can know,
And every place that you can go,
And anything that you can show,
You know they're nouns.

A noun's a special kind of word,
It's any name you ever heard,
I find it quite interesting,
A noun's a person, place, or thing.

Oh I took a train, took a train to another state.
The flora and fauna that I saw were really great.
I saw some bandits chasin' the train.
I was wishin' I was back home again.
I took a train, took a train to another state.

Well, every person you can know (Like a bandit or an engineer)
And every place that you can go (Like a state or a home)
And anything that you can show (Like animals and plants or a train)
You know they're nouns - you know they're nouns, oh...

Mrs. Jones is a lady on Hudson Street.
She sent her dog to bark at my brother and me.
We gave her dog a big fat bone,
And now he barks at Mrs. Jones.
She's a lady who lives on Hudson Street.

Well, every person you can know (Mrs. Jones, a lady, or a brother)
And every place that you can go (Like a street or a corner)
And anything that you can show (Like a dog or a bone)
You know they're nouns - you know they're nouns.

I took a ferry to the Statue of Liberty.
My best friend was waitin' there for me. (He took an early ferry.)
We went for a walk on the island you know,
And in the middle of summer it started to snow,
When I took a ferry to the Statue of Liberty.

Well every person you can know (Like a friend or the captain of a ship)
And every place that you can go (An island or a sea)
And anything that you can show (Like a statue, a ferry, or snow)
You know they're nouns - you know they're nouns

Oh, I put a dime in the drugstore record machine.
Oldies goldies started playing if you know what I mean.
I heard Chubby Checker, he was doin' the twist
And the Beatles and the Monkees, it goes like this!
I put a dime in the drugstore record machine.

Well every person you can know (The Beatles and the Monkees, Chubby Checker)
And every place that you can go (Like a neighborhood or a store)
And anything that you can show (Like a dime or a record machine)
You know they're nouns.

A noun's a special kind of word,
It's any name you ever heard,
I find it quite interesting,
A noun's a person, place, or thing.
A noun is a person, place or thing.

2006.05.19

YouTubeにあったWickedな『ネギま!』

よく作るよなぁ・・・

YouTube に色々批判があることは承知しているし、著作権侵害はよくない行為だが、こういうものを作るというのは、やっぱりクリエイティブな行為であるはずだし、「角を矯めて牛を殺す」ようなことにはなって欲しくないと、本当に思う。わが国の著作権法は、第一条に明記されているように「文化の発展に寄与する」ことが目的として存在しているのだから。

ところで、歌詞は、検索エンジンで歌の題名 "What is This Feeling" を検索すればすぐに見つかる。
例えば、こちら。http://www.musicalschwartz.com/wicked-lyrics-3.htm

2004.10.26

ノイズキャンセリング・ヘッドフォン

先週、ソニーのノイズキャンセリング・ヘッドフォン MDR-NC6 を買った。ヘッドフォンのスイッチを入れると、電車の騒音が抑制され快適である。

普通のヘッドフォンで電車通勤をしながらCDやテープを聴いていると、電車の騒音で音声が聞き取れないことがある。だが、騒音に負けない大音量にして聞くのは耳を悪くしそうだし、電車が止まって騒音が小さくなった時には音声のほうがうるさくてかなわい。そうかといって遮音効果の高い密閉式の大きなヘッドフォンは重くて暑苦しいし・・・ と、思って、オーディオに詳しい友人に相談してみたところ、週末の買い物に誘ってもらえた。

彼の知っていたオーディオ専門店で、実際にヘッドフォンの試聴することができ、確かに店外から聞こえていた道路の騒音を抑制する効果があったので、それを購入して使っている。このヘッドホンは両脇に小さなマイクロフォンが組み込んであり、そこで拾った周囲の騒音を逆信号にしてヘッドフォンのスピーカーに与えることによって、最終的に耳に届く音から周辺の雑音を打ち消すように工夫されている。

騒音が完全に打ち消されてなくなるわけではないが、それでも確かに電車の騒音は抑制されCDの音声が聞きやすくなった。CDを再生していない状態、つまりヘッドホンに音声が来ていない状態で、ヘッドホンのスイッチをオンオフしてみると、明らかに周辺の雑音の大きさが変わる。また、家で試してみると、パソコンの冷却ファンの音が明らかに小さくなる。

また、マイクを指で隠す(やっちゃいけません)と打ち消すべき雑音がマイクに入らなくなるので、雑音の抑制効果もなくなる。強い風が吹いているところで使うと、マイクに風が当たって発生する雑音(マイクに息を吹きかけたときに聞こえるような風の音)が聞こえるので、そういうときは逆効果だが、これは原理的に言ってしかたないと思う。

マイクで周辺の騒音を拾ってそれをスピーカーから差し引くという理屈は、アイデアとしては単純だが、実際に製品として安定に動作させるにはかなりのノウハウが必要だと思う。工場の騒音などから作業員を保護するための高価なものがあることは知っていたが、数千円で買える民生品として入手できるのはうれしい。

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ