2015.10.21

「聞く耳をもっていないのに、質問攻め」は勘弁してください

1.映画のストーリーや配役などで、何かと「なんたら差別だ」という声が沸き起こる。まあ、そういう見方もあるよね~ くらいに思うこともあるけれど、以前、日本の少女マンガアニメ『オオカミ少女と黒王子』が、日本の放送とほぼ同時に英語字幕付きでアメリカで公式配信されたときにも… 

2.作品を知っている人なら容易に予想できるように、「なんて酷い性差別アニメだ!」と激怒する人がチラホラ出てきた。これは無理も無い。主人公は、見栄っ張りのせいで嘘をついてしまった女の子。そして、嘘を隠し通すため、知り合いでもなんでない男子に頼ったら…

3.彼は外面は美形で性格もいい好男子だけど、ごく少数の「こころを許した相手にだけ」は、とっても自分勝手で偉そうに振る舞う甘えん坊。というありがちネタ。彼女に対する態度がかなり悪いので、海外のアニメ感想掲示板がちょっとした騒ぎになったと。

4.普通は、作品が気に食わなければ、さっさと見るのをやめるものだし、実際、初期段階で怒った人は見るのをやめ掲示板にも来なくなった。それでいいのです。見たくないものを無理に見る必要なんてない。おもしろいと思う人だけが見ればいい。ところが…

5.なぜか、毎回強烈な文句を言いながら見ている女性がいて、しかも、この人、「こんなアニメを喜んで見る女子も頭がおかしい」と、作品だけでなく視聴者まで攻撃するから、えらいこっちゃ~ ご本人の友人知人にも、作品のファンがいるらしく、その点に関しても非常にご立腹のようす。

6.彼女いわく、「普段DVやストーキングで苦しんでいる私の友人の中にさえ、なぜか、このアニメに登場する『黒王子』のファンがいて「あんな恋をしてみたい」とか言う。全くわけがわからない。誰か説明してよ」っと。でもねぇ~

7.いくらなんでも、「会ったこともないアナタの、会ったこともないお友達」の気持ちの解説を、どこの誰ができるというの? 放っておけば良かったけど、少しなだめようとしたら、エライ目に遭いました。「説明しろ、説明しろ、説明しろ」の連発。しかしながら、

8.いくら説明しても、元々聞く耳を持ってなかったんですよ、彼女は。最初から「このアニメも、このアニメを好んでいる視聴者もケシカラン」という結論があって、『説明しろ』の連呼は、「こういう点が好まれているんですよ」という説明を封殺する手段。参りました~

9.さて、私にとって最も不思議だったのは、「彼女は最終話まで全部見た。」と、いうこと。彼女が何を考えて最後まで視聴したのか、知りたいような、知らないほうが身のためのような・・・ あはは。(以上で、本件は終わり)

2014.06.25

安物やガラクタを加工して、まっとうなモノに仕上げることに憧れる

子供の頃に、ガラクタの電子機器を集めて部品を取り出してものを作っていたせいか(たいていは失敗した)、きちんと品質を保証された材料や部品を買ってきて何かを作ることよりも、あり合わせの材料を何とか騙し騙しつかって何かをつくり上げるということに、昔から憧れている。
漫画や小説などに出てくる、街の発明家やエンジニアなどの姿だ。ポンコツの自動車を組み合わせて、ひとつのまとものに動く自動車を作るとか、壊れた無線機を組み合わせて応急的に救援電波を送るとか、そういう話。あるいは、家電製品の開発(これはきちんとした大企業の製品開発)であっても、高価な部品を使うのではなく、なるべくありふれた安価な部品を組み合わせ、部品のもつ能力を最大限引き出して優れた製品を作るなど・・・ そういうことを、モノ造りの本道だと昔から思ってきた。

でも、実は、それはいつでも正道であるというわけではないと、最近気がついいた。月産何万個という製品ならともかく、ある客先からの要望に応じて、たったひとつだけ何かを作るというときには、部品の値段よりも設計作業にかかる様々な検討や実験の手間のほうが全体に占めるコストは大きい。100万台作る機械なら、100万円の実験コストをかけて1台あたりの部品代を10円けずることができれば、全体としては900万円の節約になる。でも、たった一台しか作らないあ受注生産のものの場合、10円の部品代を削るために100万円の実験をするなんて馬鹿げた話だ。

悲しいことに、私は、身に染み付いた性分がまだ邪魔をして、そういう割り切りをできない。どうしても、技巧に走って量産向けのコストダウンのことを考えてしまう。もっと悪いのは、そういうコストダウンのための、いわば「小細工」を実施できる自分のことを、技能のある技術者だとうぬぼれている。でも、必要のないとことに必要ないテクニックを盛り込んでいい気になっているなんて、ひとりよがりの3流だ・・・

わかってはいるけれど、身に染み付いた価値観、「設計はこうでなければならない」という思い込みから、なかなか自由になれない。どうすれば、考え方を切り替えられるのだろうか・・・ 困っている。これは、知識や技術力ではなくて、むしろ思い込みとか固定概念に縛られているということ。どこかで、「あ、なるほど」と納得できれば、心が自由になると思うのだけれど。

2014.06.01

昨日までは嫌いだと思っていたサービスが、今日からはお気に入りになる不思議

私にとってはEvernoteがそれ。最初、「世間で噂になっているから」という理由で
同社のサイトにアクセスしてみる。
1.まずサイトに説明のページを見つけられなかったことに嫌悪感を感じる
2.しかたなく、「習うより慣れろということか」と、Windows用のアプリをダウンロードして
インストールする
3.起動したが、使い方がよくわからない。これは使いものにならないと思ってアンインストール
4.数ヶ月経過
5.ふと、「高度な使い方なんて期待せず、パソコンに向かっている時にふと思いついたことを
 書き付けておくメモ帳として、使えないか。そういうサービスのはずだ」と思い立つ
6.今回もアプリは、いまいちわからない。ユーザーインタフェースになじめなかった
7.でも、今回は、マシなきっかけがあった。数日前にEvernoteからの自動送信メールが
来ていて、メールを転送するとエバーノートに保存されると知った。届いていたメールは、
私のエバーノートに転送するときの受信用アドレスだった。試しに転送してみて、6の操作で
転送したメールが確かに保管されていることを確認できた
8.そういうわけで、何か使えそうだと思い、windowsのアプリはともかく、ブラウザ画面で
使えないかと思って、そちらを試した
9.ブラウザ画面のユーザーインタフェースのほうが、わかりやすい。実際にはブラウザも
デスクトップアプリもほとんど同じ見た目のはずなのに、なぜか後者は「なんだかわからない」
という気分になったのに対し、ブラウザの方は、「これなら自分でも使えそう」だと直感した。
10.そういう経緯で、今は日々の思いつきをブラウザ経由でEvernoteに書き込んでいる。
11.今ではお気に入りのサービス
Evernoteは何も変わっていない。変わったのは、私の受け止め方だけ。
そもそも、最初に感じた、「直感的な嫌悪感」は何だったのだろうか? そこには、単なる
「これはよく分からないな」というような、疑問やとまどいの感情ではなくて、
「これは不良品だ、欠陥だ」という感じの不愉快とか怒りに近いものがあった。
ところで、今このメモを書いていて気がついたが、ブラウザのプログラムも、なにやら
欠陥があるね。自動保存の振る舞いがおかしくて、たまに保存も編集もできなくなることが
ある。いったんログアウトしてログインしなおせば解決するが。

それはともかく、元の話に戻る。Evernoteの提供している機能は一切変わっていないのに、
私の受け止め方は大きく変わった。嫌悪感のものにあったのは、うつ病の認知療法などでも
よく言われる「こうでなければダメである、そうでないものは悪いものだ」という思い込みだ。
一般に人間は、初めての道具をマニュアル無しで使う必要がある時には、
「こういう操作をすると、こういうふうに動くだろう」という仮説を立てながら、試行錯誤をする。
使い方がわからなくて怒るのではなく、自分の考えた仮説とは異なる結果が出た時に、
「こういう結果や反応になるのが正しいはずなのに、この道具は間違った結果を出した。
これは粗悪品だ!」と、怒るのだ。この思い込みには、もうひとつ重大な思い込みが隠れて
いる。それは、「粗悪品を作るのは、罪悪だ!」という道徳的な思い込みである。このふたつが
重なると、悪徳商法に騙されたかのような怒りが、ほぼ自動的に湧いてくる。
ソフト会社のユーザーサポートにかかってくる電話や送られてくるメールが、しばしば質問ではなく
非難や憎悪であるのはこのためだ。(本当に欠陥の場合もあるが)

私は、今、Evernoteを最も初歩的な使い方でしか使っていない。その範囲であれば、
ブラウザ上で起こる一時的なフリーズなども含め、意図しない挙動にあったときにどう対処すれば
いいか一応わかったので、「やれやれ、またか」と思いつつも、もう「欠陥品だ、罪悪だ」とは
思わない。

欠点を「そういうものさ」と飲み込んでしまえれば、あとには利点を活用する喜びだけが残る。

2014.05.19

Visual Basic は素朴で美しいと思った

過去の経緯からか、ソフトウェア技術者はBASICと名のつくコンピュータ言語を一段下にみる傾向があるような気がする。実用上は大事でも、実用性ゆえに付け焼刃的なものになっているとか、技術力の低いプログラマのための言語だというような感じで。なにしろ、技術解説サイトにあるVB.netの解説記事の中でさえ、「C#ではなくVBを使う意味」を、なんとなく言い訳がましい感じで説明している。
一方私は、家電やゲーム機向けのソフトの開発、ハードウェアのデバイスドライバの作成と言った仕事をしてきた関係で、これまでずっとC言語一本槍で、それ以外については、ほんの少しだけC++やC#を触った(仕事で)とか、勉強のために趣味的にPHPやJavascriptを試したという程度で、事務系ソフト開発の最大派であるVBとは完全に無縁だった。そのため、VBに対しては特に否定も肯定もする気はなく、単に自分とは別の分野のものとしか思っていなかった。

ところが、今の会社に就職して、古いソフトのメンテナンスを担当するようになった。VB6.0やそれよりも古いものを使って作成されていたものを、順次、新しい言語環境で書き直す必要がある。私は、VB6.0も、今のVB..netも知らない。というより、Windowsのプログラム全般について無知だ。そういうわけで、今さらながらVB6.0を勉強したり、Visual Stuidio 2008~2013をダウンロードしてMSDNにあるサンプルプログラムをコピー&ペーストして .netの使い方を見よう見まねで試していたりする。

それで思ったこと:「VB6.0はともかく、今のVBについて悪口をいう人の気が知れない。十分、美しいじゃないか」
もっとも、私が美しいと思った部分がどこかという点については、なぜかVBの美しくない部分としてネットでは批判を受けているので、ここには書かない(書いたけど、投稿ボタンを押す前に消した)。
私は初心者。余計なことを書いてひんしゅくを買いたくはないのだ。

では何が言いたいかというと、知らない技術について勉強することの楽しさ、面白さを久しぶりに味わっているということの報告だ。残念ながら、まだ「仕事が楽しくてしょうがない」というような状況ではなく、抑うつ感に悩まされつつの一進一退だけど、それでも「おや、これは面白いね」と感じる機会があるというのはとても嬉しい。

2012.06.18

ハードディスクを壊してしまう日々

やらなくていい小細工を弄して自爆する、という、いつものパターン。
ハードディスクのキャッシュ制御をいじって、遅延書き込みするようにした状態で、夜中、寝ている間にネットからファイルをダウンロードさせるようにしていたら、翌朝起きたときにPCはフリーズしており、無理やり電源を切るしかなかった。そして、再起動後、ディスク内に残存しているデータを回収すべく予備のハードディスクをパソコンにつないで、ファイルをコピーしようとしたら、こんなダイアログ表示が・・・
Errormsg

大きなサイズのファイルが壊れたハードディスクにあり、予備のハードディスクには、そのコピーを作るための空き領域が不足しているとというのだが・・・ 「29.4ペタバイト?」 こんな数字、そもそも、現行のNTFSの規格上ありえないのだけれど、ダイアログはただ素直に壊れた管理データをもとに表示を出しているだけ。一般教養として「ペタ」という接頭辞があることは知っていたが、まさか自分のパソコンでお目にかかるとは思わなかった。見直すたびに、なぜだか笑いがこみ上げてくる。5年くらい前のGoogleの発表資料に、同社が全世界のウェブサイトを相手に収集しているデータ量が20ペタバイトくらいだとあったくらいで、普通の大企業では現在でもこんなサイズのデータは必要としていないと思う。

ファイルの管理テーブルがかなり派手に壊れているので、可能な限りデータをサルベージしたら、このハードディスクはいったん全部ゼロを書き込んで、パーティションテーブルから作り直そうと思う。

2012.04.11

Nero DiscSpeed 11 のインストールに苦労する

今までずっとDVD-Rで困っていなかったのだけれど、Blu-rayディスクの書き込みに対応したドライブがかなり安くなっているので買ってみた。必要はなかったけれど、どうせ買うならディスクの品質測定のできるものがいいなと思い、Lite-on の iHBS112 を購入。そして、計測用のソフトとしてフリーの Nero DiscSpeed 11 をインストールする。

2週間ほど前にインストールしたときは、2,3回インストールに失敗したものの、再起動をはさんで何とかインストールできた。しかし・・・ 今日、ちょっと理由があっていったんアンインストールして再インストールしようとしたら、何度やってもインストールの最後に「失敗しました」と表示が出てしまう。当てずっぽうでアンチウイルスのソフトを止めてみたりアンインストールしたりしても、ダメ。

ネットで情報を検索しても、そのものズバリの答えは見つからなかった。が、海外の掲示板に、Windows 8 のプレビュー版を使っている人が、Windows 8 で通常のインストール手順では自動的にインストールはできないが、手作業でなんとかインストールしたという報告をしていたので、まねてみた。

やることは単純だった。インストーラのファイルをダブルクリックすると、自分のアカウントの Local Settings\Temp\NeroInstallFiles フォルダに、インストールされるべきたくさんのファイルが解凍される。その中にあった、複数のインストールファイル(.msi)を適当にクリックしていったら、あっさりインストールできてしまった。インストール画面は英文表示だったが、アプリを起動してみたらちゃんと日本語の表示になっている。おそらく、複数のインストーラーを束ねている上位のインストーラーに何か不備があるのだろう。解凍してできた一時ファイルの中には、Windowsのランタイムパッケージやホットフィックスのインストーラーもあった。(今回は、インストールが出来ずに困っていたときに、当てずっぽうであれこれと目ぼしいランタイムパッケージはインストールしていたので、NeroInstallFiles フォルダの中にあったランタイムは、インストールしなくても問題なかった)

なにはともあれ、また使えるようになったからいいのだけれど、いったい何に失敗していたのか不思議だ。

2012.03.12

Dropboxで消せないフォルダができた。NTFSの代替データ・ストリームが残留していたから。

無料のオンラインファイル共有サービスのひとつ、Dropboxを使ってWindowsやLinuxの別々のPCの間でのファイル共有に重宝しているのだが、数日前に、中にフォルダを整理したところ、なぜか、消せないフォルダ、正確に言えば、消すことができるが数秒後にネットワークとの同期で復活してしまうフォルダが、できてしまった。フォルダの中はからっぽのはずなのに。

何が悪いのかと、かなり悩んだけれど、試しにDropboxのウェブサイトでそのフォルダの中身を見たら、なんのことはない、NTFSのファイルにときどき付いている代替データ・ストリームが残っていた。空のフォルダのはずが、実はまだ中身があったから、このフォルダは削除できない状態だったということ。しかし、ファイル本体は別のフォルダに移動して消去済みなのに、なぜこの部分だけ残ってしまったのかは、よくわからない。おそらくLinuxでの操作でファイルを移動した時に何か不整合があったのだろうけれど、ファイル本体はないので、パソコン上のフォルダに、この代替データ・ストリームがダウンロードされることはなく、パソコンのフォルダは空で、Dropboxのサーバーにだけゴミが残っている状態だっだらしい。

分かってしまえばやることは簡単で、ウェブブラウザでDropboxの自分のフォルダにアクセスして、消したいフォルダの中にある残留物を削除すればいい。ブラウザには、普通のファイルと同様に、消し残りの代替データ・ストリームの名前が表示されるので、それを選んで消すだけ。無事、解決した。

とはいうものの、NTFSの代替データ・ストリームは何かとトラブルを起こす鬼門だと思う。複数のデータの固まりをひとつのファイルに持つ事自体は、NTFSより前から、マックのファイルシステムではやっていることだし、悪くないアイデアだけれど、マックの場合はリソースフォークの存在はユーザーに十分知られていたのにたいし、NTFSの代替データ・ストリームは、その存在が一般のユーザーほとんど知られていない。エクスプローラーには表示されないし、ファイル転送ソフトの多くも、その部分は無視する。それどこかWindows自身のファイル操作でも、FAT形式のメディアに書きこめば失われてしまう。いつ、どんなときに消えても不思議のないデータ領域なんて、危なくて使えない。どうして、こんな中途半端な扱いにしてしまったのだろうか。

2012.02.18

Windows Vistaの個人向けサポート期間が、土壇場で延長になった

あと2ヶ月しか残っていなかった Windows Vista の個人ユーザーのサポート期限が、企業ユーザーと同じ2017年4月11日までに延長されたそうだ。5年の延長は、大きいね。
マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクルのページを見ると、Homeエディションだけでなく、スターターエディションも同様に延長されていた。

マイクロソフトとしては、Vistaは失敗作としてなかったことにしたかったらしく、Windows XP よりも先にサポート期限が切れる予定という逆転状態だったが、サポートが切れるからといって Vistaユーザーが Windows 7 に移行するかというと、今使えているものをわざわざ捨てて、しかも、もうすぐ 8が出ると分かっていて、Windows 7を買う人は少なかっただろう。Windows 8 の前宣伝を流せば流すほど、7 を買い控える人が増えるが、8 の宣伝をしない訳にはいかない。それでいて、サポート期限切れでセキュリティホールが放置となれば、何か事件があった時にマイクロソフトは評判を落とすことになる。

そう考えれば、企業ユーザーと同様に Homeエディションのユーザーにも延長サポートを提供するという方針転換は自然な決定だ。もっと早く発表しても、よかったんじゃないだろうか。土壇場まで発表しなかったのは、あせって 7を導入するユーザーが出ることを期待しての策かも知れないけれど。できれば、2009年4月に出たサービスパック2以後のアップデートをまとめて、サービスパック3を出して欲しいところだけれど、そこまではやってくれないかな?

私が今この文章を書いているパソコンは、先日弟からもらった富士通製のVistaマシンで、調べてみたら昨年上旬までなら、かなり安い値段で Windows 7 にアップグレードするチャンスがあったらしい。もう手遅れだけど、その安い値段でだったらアップグレードしたかもしれないが、定価で7を買おうという気はない。なので、今回のサポート期間延長は嬉しいニュースだ。もし延長がなかったら、OSをLinuxに入れ替えた上で、その中で動く Virtualbox に、ライセンスの余っているXPか2000を入れただろう。

2012.01.26

巧妙かつ精密に作られたものは、調子が悪くなると手に負えない

先日の無線LANの続き。やっぱり、何かおかしい。OSや無線LANアダプタによって、認証が通ったり通らなかったり、設定した認証形式とは違うもので接続されたりする。
全く動作しないわけでもなく、それでいて再現性がないので、数時間試行錯誤して疲れてしまった。無線LAN親機を内蔵したルーターと、ちゃんと接続されアドレスもパソコンに割り振られているに、管理画面で見るとインターネットとルーターともリンクが成立しているのに、なぜかパソコンとインターネットの間が繋がらない。完全に繋がらないのではなく、まれにパケットが通過することがあるから、始末が悪い。困ったなぁ

複雑化したネットワーク機器は、巧妙な手法で自律的にネットワーク構造を作ってくれるので、うまくいくときは便利すぎてその存在を意識することさえないが、中途半端に不具合が出るとどこが悪いのやらさっぱり・・・ ああ、手作業でMACアドレスやIPアドレスを設定してルーティングテーブルをコンピュータに教え込んでいた時代が懐かしい、とさえ思う。もっとも、今どき、そんなことをやっていたらインターネットも企業や家庭のLANも管理不能だろうけど。

2012.01.22

愚痴・・・ 無線LANの設定が壊れた。

昨年12月、自宅のADSL回線を光回線に変えた。ニフティが無線LANのルーター(WN-G300DR)をプレゼントしてくれるということだったので、NTTの光回線を受け入れる方のルーター(PR-400KI)には、無線LANカードのオプションは付けず、これともらった無線LANのルーターを短いケーブルで結び、まずまず調子よく動いていた。
しかし、光回線の帯域は200メガビットあり、無線LANも300メガビットでパソコンとつながっているのに、無線LANのルーター(実質的にはアクセスポイントとして使用)とNTTの装置との接続が100メガビットというのは、実用上は全く問題ないものの、今ひとつ気に入らない(NTTのPR-400KIの有線部はギガビットイーサだが、ニフティがくれたWN-G300DRの有線部は100メガだった)。
そこで、特に必要ではなかったのだが、月額100円のレンタル料を追加して、NTTのPR-400KIにPCI-Expressでつながる無線LANカードをつけてみた。
残念ながら、期待は大外れ。パソコン側から見て、アクセスポイントの電波の強度が10dBくらいWN-G300DRより弱いうえ、デュアルチャンネル使用の設定をオンにしていても、なぜかめったにデュアルチャンネルでは動作しない。チャンネルの数字を変えてみたりして数時間頑張ったが、一瞬だけ実効スループットとして高い数字が出たこともあったが、ほとんどいつも、以前の機器の組み合わせの半分程度の性能しか得られない。
仕方ないので、元の状態に戻そうとしたら・・・ なぜか、2台のノートパソコンの一台だけ、どうしてもWN-G300DRにつながらなくなった。一応つながっているのだが、そこからPR-400KIにDHCPでアドレスを請求しても割り当てられないらしく、接続がすぐ切れる。パソコンのIPアドレスを固定してもダメ。
ハード的な問題でないことは明らかで、問題のPCでLinuxを起動した場合には、つながる。
Windowsの無線LANの設定をいじくり回してしたときに、触るべきでないところまで変えてしまったのだろうが、どうしたものやら・・・ デバイスドライバのアンインストールと再インストールなどをやっても、回復しない。

もともと必要ではなかった(今までの帯域で十分だった)のに、余計な手を加えてダメにしてしまうというのは、これまでに何度もやってきた失敗談であるだけに、かなり気分が落ち込んでいる。まあ、なんとかなるとは思うけれど。

(追記)
原因判明。単なるパスワードの間違い。一文字だけ違っていた。
Windows XPの無線LAN接続画面では、あたかも認証はうまくいって、その後、DHCPサーバーからのアドレス取得に失敗しているかのような表示を出してくるので、認証そのもので失敗しているとは思いもよらなかった。

より以前の記事一覧

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ