« 「聞く耳をもっていないのに、質問攻め」は勘弁してください | トップページ | ただの生存報告です。 »

2016.04.03

うつ病の自分に向けた呪文を考えてみた

【要点】 もちろん二枚舌は人としてダメである。しかし、状況に応じて、自分を雇い主と使用人の立場に置くという二重人格の使い分けは重要な事に違いない。とくに、いつも迷ってばかりいる私のようなタイプは、強者の「具体的な計画のはっきりした」命令でノルマを課せられた時には。悩まず真面目に仕事を完遂できることがおおい。 逆に仕事中に悩み始めると、私の場合は全作業が何ヶ月もストップする。だから、今の自分は、雇い主なのか使用人であるかを意識し、その時の【役割】に集中すべきだと思うのです。


1.私は私に雇われている。使用人としての私の失敗は、私の力量を見誤った雇い主のミスであり、使用人の私は悪くない

2.私は私の雇用主である。使用人たる私の失敗は、雇い主の指示や計画が不備が原因。使用人の教育と今後の計画を練るのは雇い主の仕事だ
------------------------------------

失敗した時は、仕事に失敗した使用人として泣き悲しむのではなく、仕事の配分や計画を間違えた雇用主・責任者として、次に失敗しないようにするにはどうすればいいかを、順序立てて考える。必要なら、使用人の私の教育訓練の計画も立てる。もしそこでつまづくなら方法を変える。これは具体的に細かく決めなければ、「使用人である私」は迷路に入り絶望する。

何の事はない。常識的な「Plan, Do, See」なのだ。実行する(DO)の段階では、自分は命令に従う使用人だとみなし、うまく行ったとか行かなかったとか、嘆いたり反省したり対策したりするのは、雇い主であるSeeとPlanの時だけに分離すること。

実行と悩みを同時にやったら、うまくいくはずのことだって、失敗する。実行中はひたすら実行。後悔は、文字通り、後で悔やめばいい。反省も再計画の立て直しもそこでやる。作業中に泣かなくていい。

« 「聞く耳をもっていないのに、質問攻め」は勘弁してください | トップページ | ただの生存報告です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

うつ病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うつ病の自分に向けた呪文を考えてみた:

« 「聞く耳をもっていないのに、質問攻め」は勘弁してください | トップページ | ただの生存報告です。 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ