« 2015年8月 | トップページ | 2016年4月 »

2015.10.21

「聞く耳をもっていないのに、質問攻め」は勘弁してください

1.映画のストーリーや配役などで、何かと「なんたら差別だ」という声が沸き起こる。まあ、そういう見方もあるよね~ くらいに思うこともあるけれど、以前、日本の少女マンガアニメ『オオカミ少女と黒王子』が、日本の放送とほぼ同時に英語字幕付きでアメリカで公式配信されたときにも… 

2.作品を知っている人なら容易に予想できるように、「なんて酷い性差別アニメだ!」と激怒する人がチラホラ出てきた。これは無理も無い。主人公は、見栄っ張りのせいで嘘をついてしまった女の子。そして、嘘を隠し通すため、知り合いでもなんでない男子に頼ったら…

3.彼は外面は美形で性格もいい好男子だけど、ごく少数の「こころを許した相手にだけ」は、とっても自分勝手で偉そうに振る舞う甘えん坊。というありがちネタ。彼女に対する態度がかなり悪いので、海外のアニメ感想掲示板がちょっとした騒ぎになったと。

4.普通は、作品が気に食わなければ、さっさと見るのをやめるものだし、実際、初期段階で怒った人は見るのをやめ掲示板にも来なくなった。それでいいのです。見たくないものを無理に見る必要なんてない。おもしろいと思う人だけが見ればいい。ところが…

5.なぜか、毎回強烈な文句を言いながら見ている女性がいて、しかも、この人、「こんなアニメを喜んで見る女子も頭がおかしい」と、作品だけでなく視聴者まで攻撃するから、えらいこっちゃ~ ご本人の友人知人にも、作品のファンがいるらしく、その点に関しても非常にご立腹のようす。

6.彼女いわく、「普段DVやストーキングで苦しんでいる私の友人の中にさえ、なぜか、このアニメに登場する『黒王子』のファンがいて「あんな恋をしてみたい」とか言う。全くわけがわからない。誰か説明してよ」っと。でもねぇ~

7.いくらなんでも、「会ったこともないアナタの、会ったこともないお友達」の気持ちの解説を、どこの誰ができるというの? 放っておけば良かったけど、少しなだめようとしたら、エライ目に遭いました。「説明しろ、説明しろ、説明しろ」の連発。しかしながら、

8.いくら説明しても、元々聞く耳を持ってなかったんですよ、彼女は。最初から「このアニメも、このアニメを好んでいる視聴者もケシカラン」という結論があって、『説明しろ』の連呼は、「こういう点が好まれているんですよ」という説明を封殺する手段。参りました~

9.さて、私にとって最も不思議だったのは、「彼女は最終話まで全部見た。」と、いうこと。彼女が何を考えて最後まで視聴したのか、知りたいような、知らないほうが身のためのような・・・ あはは。(以上で、本件は終わり)

« 2015年8月 | トップページ | 2016年4月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ