« 『英語で考えよ』というが、そもそも『日本語』で考えているのか? | トップページ | ファイル一時仮置き(近日中に消去) »

2015.01.08

英語吹き替え版アニメを見て改めて気がついた、セリフと演技の重要さ

正月休み中になんとなくインターネットで見つけたアニメ、『デート・ア・ライブ』を見ていて、日本語のセリフ、複数の英語字幕、そして公式に発売されている北米版英語吹き替えの音声も聞く機会があり、ちょっと気になることがあったので、先週、北米版のBlu-ray Discをアマゾンに注文し、あちこちを聴き比べていて気がついたこと。

海外の掲示板で時崎狂三の人気がかなり高いこと、これはまあわかるとして、一方、なぜか鳶一折紙を嫌っている視聴者が多いような印象を受けて不思議だったのだけれど、英語吹き替えの音声を聞いて、「なるほど」と納得した。
鳶一折紙は、通常、感情を押し殺した振る舞いをしているキャラクターで、英語吹き替え版でも一応はそうなのだが、日本語版に比べると、はっきり嫉妬深いニュアンスがある。そもそものストーリーの流れとして、主人公は彼女に付き合ってくれと告白しているのだから、設定上は確かに『本妻』の立場にあるのだが、作中での扱いは主要キャラではあるものの、ヒロインではなくサブキャラクターである。そして、感情をほとんど出さないで淡々としゃべっている日本語版は、ある種の儚さと健気さがあるのに対し、英語版では主人公が自分以外の女性についての話をするとき、彼女のセリフは、明らかに不快感を帯びてくるのだ。それでいて、言葉の表現としてはこの種の無口キャラの一般的傾向として婉曲的なので、「当てこすりの嫌味を言って、主人公をあやつろうとしている」というような印象がなくもない。日本語版では、無口で世間の常識からずれている不思議な天才という、ありがちな属性だし、英語版でもキャラクーの性格分類をするとしたら、そのカテゴリーに入るが、しかし、天然ボケに雰囲気の日本語版に比べると 英語版は多少なりとも manipulative な印象が強めということ。
セリフの文面を見るだけなら、日本語でも英語でも内容に大差はない。そして、声の演技で表現されている性格が 微妙に違う。その微妙な違いのため、他のキャラクターの性格とのバランス関係としての立ち位置が、わずかではあるが日本語版に比べて利己的かつ非友好的で、おまけに支配欲もあって、意図的に主人公を翻弄しようとしていると思えないでもないという「嫌な女」という面が少し出ている。

他の登場人物の性格も微妙に違う。ストーリーを理解しやすくするために日本語版と違うセリフになっている部分があるというせいもあるのだが、セリフがほぼ同じ内容のところでも性格が違って見える。

そのニュアンスの差は、文面ではなく声に込められて伝わってくる感情によるものなので、誤訳というわけではなく、キャラ作りの演技が少し違うという点から生じていて、なるほど、これだと嫌な女性だと思う視聴者いても不思議はないという気がした。
それはそれで、英語版の各登場人物はこうなんだなと納得しているので、翻訳や役作りに文句をつけようというわけではないのだが、今さらながらの話だが、演技とキャラクター作りの設定って大事だなとあらためて思ったところだ。

他のアニメでも英語吹き替え版を買って、登場人物の雰囲気の差をくらべてみようかな。といっても、ディスクはそんなに安くないから、いくつもは買えないけれど。

« 『英語で考えよ』というが、そもそも『日本語』で考えているのか? | トップページ | ファイル一時仮置き(近日中に消去) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『英語で考えよ』というが、そもそも『日本語』で考えているのか? | トップページ | ファイル一時仮置き(近日中に消去) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ