« 副作用も効能になる | トップページ | 大丈夫です平気です、むしろリラックスしているくらいです »

2014.10.14

予想外のことで高評価されてしまうと、ものすごく不安になる

私の部屋の散らかり具合を見たことのある人なら、私にとって物を片付けることが大の苦手であることは、即座にわかるはずだ。小学生の頃にはかなりきちんとしていたのだが、ある時期(たしか小学4年くらいのころ)に諦めてしまって以後、何十年もずっと情けない状況である。いまさらながら、何とか心理療法的に改善できないかと「ホールディングス」に関する認知行動療法の本を買って来たところだが、その本が今、この部屋のどこにあるかよく分からない・・・ ありがちなオチだね。
それはともかく、片付けることが苦手な私は、勤務先の机も散らかっているし、もっと悪いことに仕事のために大量に集めた技術資料を収めた本棚も、ただ紙の束をつっこんでいるだけという状況であることが多い。さすがに、上司や同僚の目もあるし、何より、資料探しの時間のほうが正味の仕事の作業時間よりも長くなってしまうので、自宅ほど酷くはないけれど。

さて、今から20年近く前のこと、私は当時の勤務先で、かなり難易度の高い研究開発の仕事をあてがわれ、非常にたくさんの資料を集めていた。職場の壁に作り付けれた広い広い資料棚が満杯になる。たいていは、最近使ったものが一番前に置かれるので、あまり使わないものは自然に奥の方に追いやられることになり、結果的に、資料探しに時間はさほどかからなかったので、2,3年間、そんな状態で何とかなっていた。しかし、技術資料は時間とともに陳腐化するので、古いものは捨てなければならない。持っておいても害はないけれど、うっかり古い資料を新しいものと取り違えて設計に使ったりすると困る。
そういうわけで、あるとき、3日ほど仕事を止めて本気で頑張って資料整理をした。技術分野と主要メーカーの組み合わせで棚をわけ、かなりうまく整理した(それが、私がまともに資料整理をした最後の経験である)。
すると、全くの偶然だが、その翌日に他部署の同僚が、「これこれに関する情報を探しているんだけど、何か参考になるものはないかな?」と、聞きに来た。
正直、ちらりと見るのさえ嫌になるくらい資料の山と取っ組み合いをしたあとだったので、私は机から顔もろくに挙げずに、「ああ、それなら、あの壁にある4つの書類だなの一番左、上から三段目、左から50センチくらいのところに、○○社の去年のカタログがあるよ。あと、こっちの棚のあそこには・・・」と、昨日までやってきた整理結果を伝えた。

えらいことになりましたよ。
同僚は驚嘆して、「あの資料の山の中身を、全部把握しているんだ!?」
その時以来、私は「自社どころか他社製品についてまでも精通している、職場の生き字引」扱いである。めんどくさいことおびただしいが、期待してくれるからにはそれに応えないわけにもいかない。「オレは、自動要約機能付きの検索エンジンじゃないぞ」と何度ぼやいたことか。今にして思えば、「わかりません、知りません」と言えばよかったのに、いちいち調査して報告し、しかも調査の脇道にそれて見つけてしまった聞かれてもいない関連情報までオマケにつけていたので、もう評価はくつがえりようがない。この不当な高評価は、他部署に転勤になったあとでもついてまわった。いや、私自身が重荷に思っているだけで、評価そのものは正当だったのかもしれないが。
いずれにせよ、自分が得意としていないこと、それどころかむしろ苦手なことについて、他人から予想外に高く評価されてしまうというのは大変に不安なものだ。しかも、最初に書いたように私は資料整理が下手なので、結局、入手した資料の概略を暗記してしている。私にとっては、きちんと整理整頓して、あるべきものを在るべき場所にいつも保管するという状態を維持することの絶望的な困難さに比べれば、入手した資料にいったん目を通して概要を覚えてしまうほうがまだマシである。書類は知らないうちにどこか知らないところに行ってしまうが、頭のなかに入っているものについては、忘れることはあっても、「読んだ覚えはあるけど、どの会社のどの製品のことか忘れた」という程度の記憶なら残る。資料に目を通した覚えがあるという確信はあるので、「たぶんあのへんにあるよ。社名は忘れたけどたぶんA社かB社の○○系の製品だった」と雑な返事をすると、それだけでも感心された。役立たずと呼ばれるよりは、役に立つとほめられるほうがいいとはいうものの、いつでも回答できるというわけでもなく、答えられない時の居心地の悪さと言ったら・・・ 一番衝撃的だったのは、「○さんでも分からない話なら、この件は調査しても無駄ですね」と言われたときだ。一般的には、ほめ言葉と受け止めていいのかもしれないが、当時の私は「オマエが知らないから、この仕事を棚上げにするよ」と言われたような気がして、非常につらかった。
以後20年、情報や資料の整理は、今でも一番苦手な仕事だ。整理するのが極端に下手くそだから、しかたなく暗記しているだけなので、なるべく黙っていようとしているのだが、たまにバレる。

« 副作用も効能になる | トップページ | 大丈夫です平気です、むしろリラックスしているくらいです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

うつ病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予想外のことで高評価されてしまうと、ものすごく不安になる:

« 副作用も効能になる | トップページ | 大丈夫です平気です、むしろリラックスしているくらいです »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ