« 発電所の名前 | トップページ | 殺意を感じる相手はいない »

2014.06.01

昨日までは嫌いだと思っていたサービスが、今日からはお気に入りになる不思議

私にとってはEvernoteがそれ。最初、「世間で噂になっているから」という理由で
同社のサイトにアクセスしてみる。
1.まずサイトに説明のページを見つけられなかったことに嫌悪感を感じる
2.しかたなく、「習うより慣れろということか」と、Windows用のアプリをダウンロードして
インストールする
3.起動したが、使い方がよくわからない。これは使いものにならないと思ってアンインストール
4.数ヶ月経過
5.ふと、「高度な使い方なんて期待せず、パソコンに向かっている時にふと思いついたことを
 書き付けておくメモ帳として、使えないか。そういうサービスのはずだ」と思い立つ
6.今回もアプリは、いまいちわからない。ユーザーインタフェースになじめなかった
7.でも、今回は、マシなきっかけがあった。数日前にEvernoteからの自動送信メールが
来ていて、メールを転送するとエバーノートに保存されると知った。届いていたメールは、
私のエバーノートに転送するときの受信用アドレスだった。試しに転送してみて、6の操作で
転送したメールが確かに保管されていることを確認できた
8.そういうわけで、何か使えそうだと思い、windowsのアプリはともかく、ブラウザ画面で
使えないかと思って、そちらを試した
9.ブラウザ画面のユーザーインタフェースのほうが、わかりやすい。実際にはブラウザも
デスクトップアプリもほとんど同じ見た目のはずなのに、なぜか後者は「なんだかわからない」
という気分になったのに対し、ブラウザの方は、「これなら自分でも使えそう」だと直感した。
10.そういう経緯で、今は日々の思いつきをブラウザ経由でEvernoteに書き込んでいる。
11.今ではお気に入りのサービス
Evernoteは何も変わっていない。変わったのは、私の受け止め方だけ。
そもそも、最初に感じた、「直感的な嫌悪感」は何だったのだろうか? そこには、単なる
「これはよく分からないな」というような、疑問やとまどいの感情ではなくて、
「これは不良品だ、欠陥だ」という感じの不愉快とか怒りに近いものがあった。
ところで、今このメモを書いていて気がついたが、ブラウザのプログラムも、なにやら
欠陥があるね。自動保存の振る舞いがおかしくて、たまに保存も編集もできなくなることが
ある。いったんログアウトしてログインしなおせば解決するが。

それはともかく、元の話に戻る。Evernoteの提供している機能は一切変わっていないのに、
私の受け止め方は大きく変わった。嫌悪感のものにあったのは、うつ病の認知療法などでも
よく言われる「こうでなければダメである、そうでないものは悪いものだ」という思い込みだ。
一般に人間は、初めての道具をマニュアル無しで使う必要がある時には、
「こういう操作をすると、こういうふうに動くだろう」という仮説を立てながら、試行錯誤をする。
使い方がわからなくて怒るのではなく、自分の考えた仮説とは異なる結果が出た時に、
「こういう結果や反応になるのが正しいはずなのに、この道具は間違った結果を出した。
これは粗悪品だ!」と、怒るのだ。この思い込みには、もうひとつ重大な思い込みが隠れて
いる。それは、「粗悪品を作るのは、罪悪だ!」という道徳的な思い込みである。このふたつが
重なると、悪徳商法に騙されたかのような怒りが、ほぼ自動的に湧いてくる。
ソフト会社のユーザーサポートにかかってくる電話や送られてくるメールが、しばしば質問ではなく
非難や憎悪であるのはこのためだ。(本当に欠陥の場合もあるが)

私は、今、Evernoteを最も初歩的な使い方でしか使っていない。その範囲であれば、
ブラウザ上で起こる一時的なフリーズなども含め、意図しない挙動にあったときにどう対処すれば
いいか一応わかったので、「やれやれ、またか」と思いつつも、もう「欠陥品だ、罪悪だ」とは
思わない。

欠点を「そういうものさ」と飲み込んでしまえれば、あとには利点を活用する喜びだけが残る。

« 発電所の名前 | トップページ | 殺意を感じる相手はいない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

うつ病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 発電所の名前 | トップページ | 殺意を感じる相手はいない »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ