« Dropboxで消せないフォルダができた。NTFSの代替データ・ストリームが残留していたから。 | トップページ | ハードディスクを壊してしまう日々 »

2012.04.11

Nero DiscSpeed 11 のインストールに苦労する

今までずっとDVD-Rで困っていなかったのだけれど、Blu-rayディスクの書き込みに対応したドライブがかなり安くなっているので買ってみた。必要はなかったけれど、どうせ買うならディスクの品質測定のできるものがいいなと思い、Lite-on の iHBS112 を購入。そして、計測用のソフトとしてフリーの Nero DiscSpeed 11 をインストールする。

2週間ほど前にインストールしたときは、2,3回インストールに失敗したものの、再起動をはさんで何とかインストールできた。しかし・・・ 今日、ちょっと理由があっていったんアンインストールして再インストールしようとしたら、何度やってもインストールの最後に「失敗しました」と表示が出てしまう。当てずっぽうでアンチウイルスのソフトを止めてみたりアンインストールしたりしても、ダメ。

ネットで情報を検索しても、そのものズバリの答えは見つからなかった。が、海外の掲示板に、Windows 8 のプレビュー版を使っている人が、Windows 8 で通常のインストール手順では自動的にインストールはできないが、手作業でなんとかインストールしたという報告をしていたので、まねてみた。

やることは単純だった。インストーラのファイルをダブルクリックすると、自分のアカウントの Local Settings\Temp\NeroInstallFiles フォルダに、インストールされるべきたくさんのファイルが解凍される。その中にあった、複数のインストールファイル(.msi)を適当にクリックしていったら、あっさりインストールできてしまった。インストール画面は英文表示だったが、アプリを起動してみたらちゃんと日本語の表示になっている。おそらく、複数のインストーラーを束ねている上位のインストーラーに何か不備があるのだろう。解凍してできた一時ファイルの中には、Windowsのランタイムパッケージやホットフィックスのインストーラーもあった。(今回は、インストールが出来ずに困っていたときに、当てずっぽうであれこれと目ぼしいランタイムパッケージはインストールしていたので、NeroInstallFiles フォルダの中にあったランタイムは、インストールしなくても問題なかった)

なにはともあれ、また使えるようになったからいいのだけれど、いったい何に失敗していたのか不思議だ。

« Dropboxで消せないフォルダができた。NTFSの代替データ・ストリームが残留していたから。 | トップページ | ハードディスクを壊してしまう日々 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nero DiscSpeed 11 のインストールに苦労する:

« Dropboxで消せないフォルダができた。NTFSの代替データ・ストリームが残留していたから。 | トップページ | ハードディスクを壊してしまう日々 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ