« FirefoxのSyncで、個人設定の同期はさせたいがスタートページだけは除外したいとき | トップページ | 愚痴・・・ 無線LANの設定が壊れた。 »

2011.11.29

サツマイモを観葉植物として愛でる日々

近所のサツマイモ畑が収穫を終え、道端にサツマイモのつるが散らばっていた。よく見ると花とつぼみが少しついているものもある。捨てられているものだからもらってもよかろうと思い、30センチくらいの切れ端を拾ってきて、植木鉢に植えた。

サツマイモはアサガオの親戚で、アサガオと同じ短日植物なので、日が短くなれば花が咲くのだが、残念ながらアサガオほど日照時間の短縮に敏感ではないため、実際には花が咲く前にイモの収穫期を迎えることが多く、実際に花を見かけることはあまりない。

一方、サツマイモはアサガオと違って挿し木でいくらでも増える。拾ってきたつるもペットボトルに水を入れて指しておいたらわずか2、3日ではっきり根が出始めたので1週間くらいしてから大きめの植木鉢に植えた。今はもう花は終わってしまったが、まだつぼみになりそうな芽があるので、2週間くらいしたらまた花が見られるかもしれない。少し液肥を与えて様子を見ているのだが、葉の色が非常に濃くて見た目ににぎやかな感じがするので、今のところは観葉植物として楽しんでいる。ネットで調べたところでは、本当に観葉植物として葉に白い模様のあるものや、花をつけやすいものもあるそうだ。おもしろそうだけど、でも、どこで売っているんだろうか?

« FirefoxのSyncで、個人設定の同期はさせたいがスタートページだけは除外したいとき | トップページ | 愚痴・・・ 無線LANの設定が壊れた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

新年あけましておめでとうございます。

私の母は私が子どもの頃からサツマイモを観葉植物代わりに飾っています。
器にサツマイモを入れ、そこからどんどん生えてくる葉を観葉植物にしているのです。
どんどん伸びるので、垂らし飾りしていて、ちょうどポトスのような状態です。
けれどもそこで花が咲いたのは見たことがありません。

観葉植物化したサツマイモも売っているとは初耳でした。
どこに売っているのでしょうね。

サツマイモは朝顔と同様に日の長さが短くなると花をつける植物で花の見た目も朝顔によく似ています。ただ、残念なことに朝顔ほど日照時間の短縮に敏感に反応しないため、10月とか11月くらいにならないと花芽ができにくいようです。一方、サツマイモの収穫はそれ以前に済ませてしまうことが多いので、サツマイモ畑で花が咲いているのを見かける機会はすくないですね。どちらかというと、耕作放棄されていて、何年もほったらかしということろで見かけることは多いようです。

おもしろいことに、アサガオの茎にサツマイモのつるを接木した場合には、アサガオの部分で作られる植物ホルモンの影響でサツマイモのつるの部分にはサツマイモの花がさきやすくなります。それを利用して、サツマイモ品種改良では、根元を朝顔にして、花の部分は異なる種類のサツマイモの組み合わせで掛け合わせて新品種を作るというようなこともなされているそうです。

実物を見たわけではないですが、芋ではなく葉っぱの部分を青物野菜といて利用する品種や、花を観賞するために植えるもの存在するそうです。1

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サツマイモを観葉植物として愛でる日々:

« FirefoxのSyncで、個人設定の同期はさせたいがスタートページだけは除外したいとき | トップページ | 愚痴・・・ 無線LANの設定が壊れた。 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ