« 生存報告 | トップページ | 薬は匙加減ということ、合う合わないがあるということ »

2009.11.28

Wikipediaに3000円ほど寄付してみた

ちっと調べ物をしようと思って先ほどWikipediaにアクセスしてみたときのこと、以前から表示があったことは知っていたのだがWikipediaが寄付を求めている、という内容のバナー広告が目に入った。

Wikipediaに対しては記事の訂正や補足などという形でも匿名でほんの少しお手伝いしたことはあるが、今まで調べ物ではWikipediaにさんざんお世話になっていて、提供した情報よりもらった情報のほうが圧倒的に多いのは言うまでもない。これからも使うであろうことを思えば、今ここでちょっとくらい寄付をしてみるのもいいかなという感情が、ほとんど気まぐれと言っていいレベルでわいたので、通販の決済で使っているクレジットカードを使い、3000円ほど寄付してみた。

街頭募金でこんな金額を募金したことはない。当然もっと安い。1000円がいいところである。カードだと小額では何となく入れにくいということもあったが、やはり過去何年間の「使用料」のつもりで寄付をしたような気がする。金銭感覚としては、毎月100円で2年半くらい? 次は3年後に寄付するかも知れない。

« 生存報告 | トップページ | 薬は匙加減ということ、合う合わないがあるということ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wikipediaに3000円ほど寄付してみた:

« 生存報告 | トップページ | 薬は匙加減ということ、合う合わないがあるということ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ