« スパラキシス その11、種は深く埋めないこと | トップページ | プロレタリア文学? »

2007.02.18

ぎっちょんちょんでパイのパイのパイ

風呂でゆっくり温まってぼんやりしているときに、ふと、「??ちゃんったら、ぎっちょんちょんで、パイのパイのパイ」という、子供のころにどこかで聞いた歌を思い出した。

全く何の脈絡もないので、なぜそんなものを思い出したのか自分でも分からないが、いったいこれは何の歌だろうかと思って、googleで調べてみたら・・・

なんと、これは、アメリカの南北戦争のときに歌われた、北軍の軍歌! (Marching Through Georgia)

しかも、作曲者は Henry Clay Workで、「大きなのっぽの古時計・・・」のあの曲の作曲者だ。

ああびっくりした。今日の日記ネタにしよう。落ちは特にない。

« スパラキシス その11、種は深く埋めないこと | トップページ | プロレタリア文学? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぎっちょんちょんでパイのパイのパイ:

« スパラキシス その11、種は深く埋めないこと | トップページ | プロレタリア文学? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ