« 「臆病者は100回死ぬ」 | トップページ | ぎっちょんちょんでパイのパイのパイ »

2006.12.29

スパラキシス その11、種は深く埋めないこと

水につけておいて発芽し始めた種を、古紙製の小さなポットに植え替えたのが、1ヶ月前のこと。種の大きさから考えれば、種の上にかぶせる土の厚みはせいぜい数ミリで十分なはずだが、後々かなり大きくなると思って1.5センチくらいに埋めてみたところ、いつまでたっても芽が出てこない。最近やっといくつか芽が出てきた。後になって植えた、少し土をかぶせただけのもののほうが、先に芽を出し大きく育っている。最終的にはたくさん芽は出たけれど、たぶん来春に花を付けるものはほとんどないだろう。外の鉢にあったこぼれ種から芽を出したものは、芽を出した時期が早いので、それなりに大きく育っている。こちらは、いくつか花を付けるものがあるかも知れない。

« 「臆病者は100回死ぬ」 | トップページ | ぎっちょんちょんでパイのパイのパイ »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スパラキシス その11、種は深く埋めないこと:

« 「臆病者は100回死ぬ」 | トップページ | ぎっちょんちょんでパイのパイのパイ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ