« 最新型の電子辞書 | トップページ | スパラキシス その10、種から芽が出るのに1週間以上かかる »

2006.12.02

また、一瞬で書きかけの記事を失った

現象が再現できた。Operaのキーボードショートカット機能のせいだ。仮名漢字変換の途中で入力をやり直すつもりでエスケープキーを押すとき、1回以上余計に押すと、文章入力の場所からフォーカスが外れてしまう。そして、キーボードからの文字入力は、Operaの画面移動コマンドとして解釈されるのだ。そこで偶然ザ行の文字を入れると、zは「前ページに戻る」コマンドになっているため、書きかけの文章を放棄して直前のページに戻ってしまう。Operaは、コントロールキーと併用しなくてもアルファベット一文字、指一本で閲覧中のページの前後に進めるので重宝していたが、こういう落とし穴があるとは思わなかった。

Windowsの文字入力作業において、アルファベットしか使わないなら、文章を入力中にエスケープキーを押すことはまずない(プログラマさんがUnix系のエディタを使っている場合は別として)。エスケープキーを時々使う日本語の文章入力のときでないと、こういうトラブルは起こらないはずだ。

ショートカット機能を設定しなおせば、こういうことは防げると思うが、さてどうしよう。現状、すでにFirefoxの使用頻度が高くなっているし、いっそ捨ててしまってもいいのだが。

ところで、今日はスパラキシスの種について書くつもりだったのだけれど、それは明日にしようと思う。

« 最新型の電子辞書 | トップページ | スパラキシス その10、種から芽が出るのに1週間以上かかる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また、一瞬で書きかけの記事を失った:

« 最新型の電子辞書 | トップページ | スパラキシス その10、種から芽が出るのに1週間以上かかる »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ