« 成果主義が会社に致命傷を与える条件について | トップページ | 「臆病者は100回死ぬ」 »

2006.12.27

ついに SR-G10000を買ってしまった

もともとは、次の仕事を決めて収入源を確保してから買うつもりだったのだが、いろいろ考えた末、思い切ってSIIの電子辞書、SR-G10000を買ってしまった。遅かれ早かれ買うことは間違いなかったので、購入を何ヶ月も引き伸ばして悩むのは精神衛生上よくないと思ったからだ。大手のネット通販会社は、どこも基本的に同じ値段だ。本当はアマゾンドットコムから買いたかったのだが(高額商品を買ったときにアマゾンから来るギフト券で洋書を買うつもりだった)、なぜか、アマゾンは、12月に入ってからこの製品の値段を値上げしたので、他店のポイント還元率などと見比べて計算してみると、ヨドバシやビックカメラよりも実質的には数千円高い。そこで、ヨドバシカメラのネット通販で注文することにし、先ほど郵便小包で我が家に到着した。昨日の昼1時に注文し、届いたのが今日の正午過ぎ。注文から到着までちょうど24時間だった。年末のこの忙しい時期に郵便局も立派である。

詳細については、後日書きたいと思う。大画面化したので、従来のSIIの機種より奥行きが2センチほど大きい。モノクロTFT液晶に表示される文字は非常に鮮明だ。これで今後数年間は新製品を買うことはないだろう。

« 成果主義が会社に致命傷を与える条件について | トップページ | 「臆病者は100回死ぬ」 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに SR-G10000を買ってしまった:

« 成果主義が会社に致命傷を与える条件について | トップページ | 「臆病者は100回死ぬ」 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ