« 献血できる程度には健康になったらしい | トップページ | 最新型の電子辞書 »

2006.11.25

グラジオラス、今ごろ収穫

先日おそい開花を迎えたグラジオラスは、おととし偶然拾ったものひとつと、今年100円ショップでかったもの3球で100円のもの、あわせて4つ。花が終わったあとも葉っぱが勢いよく立っていて何となく観葉植物のような感じになっていたので、葉が自然に枯れるのを待っていたけれど、意外としぶとい。そろそろプランターを開けたいと思い、掘りあげることにした。

植えたときはあまり大きさに差がなかったはずなのに、そして、地上に茂っている葉の大きさもそんなに違わなかったはずなのに、球根の大きさは結構違うというのはちょっと不思議。

グラジオラスは、本体の球根の周りに木子(小さな球根)を作るけれど、これも球根によって、たくさんできているものと、一つもないものがあった。グラジオラスの木子は、花を咲かせるのにどれくらいかかるのだろうか。

それにしても、ふと気がつけば、植えている球根はグタジオラス、スパラキシス、イクシア。全部アヤメ科の球根だ。いや待て、オニユリもあったか。オニユリは掘りあげると乾燥させすぎてしまうかも知れないので、このままプランターに植えたまま冬を越させようと思う。

« 献血できる程度には健康になったらしい | トップページ | 最新型の電子辞書 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラジオラス、今ごろ収穫:

« 献血できる程度には健康になったらしい | トップページ | 最新型の電子辞書 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ