« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.28

最新型の電子辞書

SIIのSR-G10000
http://www.sii.co.jp/cp/products/english/srg10000/index.html

定価は9万円! ノートパソコンの安いやつと変わらない。電子辞書はいろいろなメーカーから出ているが、英語系のものに限って言えば、SIIの製品に一日の長がある。そして、この機種はSIIの最上級機種だ。高いのも分からなくもない。ただし不思議なことに、家電量販店やアマゾンでは、発売直後から実売価格は6万数千円になっている。値引きを見越して高めの定価をつけているのだとしたら、ちょっとどうかと思う。

実売価格で言っても、安い買い物とは決して言えないが、しかし値段だけのことはあり、収録辞書の規模もさることながら和文、英文の検索機能が強力で、英語の文章を書く人には頼もしい味方になるだろう。実物を店頭で見て、TFTモノクロ液晶画面の読みやすさを確認した。

今すぐ買うつもりはないけれど、次の仕事が決まってまとまった収入があったら、買うかも知れない。もっとも、仕事では使わない(そういう仕事にはつかない)だろうけれど。

2006.11.25

グラジオラス、今ごろ収穫

先日おそい開花を迎えたグラジオラスは、おととし偶然拾ったものひとつと、今年100円ショップでかったもの3球で100円のもの、あわせて4つ。花が終わったあとも葉っぱが勢いよく立っていて何となく観葉植物のような感じになっていたので、葉が自然に枯れるのを待っていたけれど、意外としぶとい。そろそろプランターを開けたいと思い、掘りあげることにした。

植えたときはあまり大きさに差がなかったはずなのに、そして、地上に茂っている葉の大きさもそんなに違わなかったはずなのに、球根の大きさは結構違うというのはちょっと不思議。

グラジオラスは、本体の球根の周りに木子(小さな球根)を作るけれど、これも球根によって、たくさんできているものと、一つもないものがあった。グラジオラスの木子は、花を咲かせるのにどれくらいかかるのだろうか。

それにしても、ふと気がつけば、植えている球根はグタジオラス、スパラキシス、イクシア。全部アヤメ科の球根だ。いや待て、オニユリもあったか。オニユリは掘りあげると乾燥させすぎてしまうかも知れないので、このままプランターに植えたまま冬を越させようと思う。

2006.11.23

献血できる程度には健康になったらしい

久しぶりに都心に出かけた帰り道、駅で献血者募集の掲示に出くわした。約一年前にもそこを通りかかり、その時も献血しようと思って入ってみたものの、本採血前の検査で「肝臓の機能が落ちてますね。」と、追い返されてしまった。実際にはウイルス性肝炎にかかっていたりしたわけではなく、太りすぎゆえの脂肪肝のせいである。

それから一年、特に節制したつもりはないからどうだろうかとは思ったが、通りかかったのも何かの縁だと思って入ってみた。おや、今回は大丈夫だ。経済状況が悪化して、食べている物がいくらか質素になったから? ああ、だがしかし、血圧は高めだそうだ。今まで健康診断などで高血圧だと言われたことは一度もなかったので、新しい不安材料の登場である。

ひとまず、献血そのものは問題なくできた。でも、やっぱり体重は落とそうと思う。

2006.11.19

オンラインゲーム「財産」詐取で有罪・地裁判決

有罪になったポイントは、たぶん、「有料アイテムを騙し取った」から。(プレイヤーが、実際にゲーム会社にお金を支払って買ったものだから)

もし、チートやり放題の(ゲームプレイの一環として、ゲーム参加者同士がゲームの中で相手の持ち物を奪い合ったり殺しあったりすることが自由にできるような)ゲームであったなら、ゲームの中で自分のキャラクターにもたせているアイテムを他のプレイヤーから取られても、それはあくまで遊びの一環であって、犯罪でもなんでもない。

「人生ゲーム」の中でプレイヤー同士が架空のお金や株券を取り合って、それがどうして犯罪になったりしようか。

しかし、ゲーム会社に対して特別にお金を支払って使用権を得ているアイテムの場合、それを騙し取ったとなると話は厄介である。場合によって、今回のように詐欺罪が成立することもあれば、あくまでも遊びの一部と判断され犯罪ではないという判決になることもあるだろう。

まあとにかく、インチキはほどほどに。


以下、日経新聞から引用:
bizplus.nikkei.co.jp/genre/top/index.cfm?i=2006111704307b1

オンラインゲーム「財産」詐取で有罪・地裁判決

 インターネットのオンラインゲーム内で財産に当たるアイテムをだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた東京都練馬区大泉町、無職、伊藤進一被告(24)に対し、高松地裁は17日、懲役1年3月、執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。プログラム上のデータにすぎないアイテム取引で詐欺が認定されるのは異例。

 被告は「仮想世界での詐欺行為が現実の刑法の詐欺に当たると思わなかった」と主張していたが、増田耕児裁判長は「被害者は現実のお金を払ってアイテムを購入しており、ゲーム内での遊戯行為とはいえない」として詐欺罪の成立を認めた。

 判決によると、伊藤被告はことし6月、オンラインゲーム「メイプルストーリー」内で、千葉県の男子高校生にゲーム内の通貨で代金を支払うと持ちかけ、有料アイテム(1300円相当)をだまし取るなどした。〔共同〕

2006.11.12

なげかわしい

ある日のことだった。少しだけ空腹になったので近所のコンビニに行った。そこで何気なく雑誌の新刊を手にとってみた・・・

表紙のすぐ次に、見開きで、かつての勤務先の新製品の広告が載っていた。見た瞬間、「あ、なんでこんなミスをするのか」と愕然とする。致命的なミスとまでは言えないのだが、「いよいよ予約開始、○月×日」と書いてあった。

これは情報としては正しい。確かにこの新製品はその日に予約を開始したと聞いている。しかし、それは、この雑誌が発売されるよりも3週間も前に初めていることだった。予約受け付け前に出す広告ならともかく、受け付け開始後に発売される雑誌に「まもなく開始」と印刷した広告を打つとは、なんと寝ぼけた仕事をしているのだろうか。広告担当者が、掲載紙の発売日を知らないはずはない。明らかに、予約受付開始前に出した古い広告の原稿を、そのまま修正せずに使いまわしているのだ。

長い時間と何億円もの巨費を投じて起死回生の一発として発売するはずの期待の新製品が、どういうわけでこんな雑な扱いになるのだろうか? そう思うと悲しくなってしまった。

知人の前でこの件についてぼやいたら、彼は「社内の人が疲弊の極みにあるのかも・・・」と言った。たぶんそうに違いない。事業があまりうまく運んでいないので、本社から予算削減を受けて人も減っていると聞いている。社員はボロボロに酷使されているのだろう。だが、これでは他の仕事の質も推して知るべしだ。犠牲になるのはいつも下っ端。特定の担当者を責めるつもりは全くないのだけれど、あの会社は一体何を考えているのだろうかと思う。

スパラキシス その9 雨が降るとニョキニョキ伸びる

去年種から育てたスパラキシスは、大部分は花を咲かせるまでには育たなかったが、プランターの中に球根は残り、夏を越し、先月には芽を伸ばし始め、すでに15センチくらいの高さに育っている。今の時点でこの大きさなら、来春には確実に花を付けるだろうと思う。

一方、先月に種をまいたものはというと、去年より植えるのが早かったせいか成長は比較的早い。できれば、こちらも10本に1本などといわず(去年の成績)、もっとたくさん花をつけて欲しいものだ。気のせいかもしれないけれど、スパラキシスは、雨が降るたびに急に背が伸びているような気がする。ウェブで検索しても育て方のコツなどはよく分からない。種から育てた人のページは、どこかにないものだろうか。いまだに発芽の条件がよく分からない。種をまいてから芽が出てくるまでに1週間以上かかっているが、そういうものなのだろうか。

2006.11.06

ねんがんの さーびすぱっく2を 手に入れた

いや、本当は念願というほどのものではないのだが。

我が家のパソコンはだいぶ前に Windows Me から Widows XP Home Edition にアップグレードし、一応ちゃんと役に立ってはいるものの、何かおかしなところがある。2年ほど前に書いたように、サービスパック2を適用すると、まともに動作しなくなる。あまりいい気持ちはしないけれど、まあ、とりあえず動いているからいいかと思っていたが、問題に気がついて2年。そろそろサービスパック1までしか適用されていないWindows XPは、サポート期限が切れるはず。また、先日、ふと思い立って Visual Studio 2005の無料版をインストールしてみようとしたら、これはサービスパック2が必須らしい。

と、いうわけで、先週、最悪の場合はハードディスクを完全にフォーマットしてもいいやという覚悟で、OSの修復を試みた。10時間くらいかかった。不可解なエラーメッセージが大量に出て、狂ったようにマウスのボタンを連打する羽目になった。サービスパック2は、インストールの途中でインストーラーが異常終了し、IEに表示された履歴ではインストールされていないことになっている。でも、どうやらサービスパック2適用済みの状態になったらしい。本当かな? 傷口はもっと広がっているような気がしないでもない。さあどうだ?

OSの修復で疲れ果てたので、Visual Stuidio は、まだインストールしていない。とりあえず、しばらくパソコンの様子を見ていようと思う。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ