« 売値は1000分の1 | トップページ | 一生懸命書いた記事が一瞬で消えるとき »

2006.10.27

(再掲)CHKDSKコマンドが働かない

検索エンジンで飛んでくる人のため、結論だけ先に書きます。

「CHKDSKコマンドや、エクスプローラーの画面経由でディスクのチェックの指定をしてパソコンを再起動しても、CHKDSKコマンドの作業が途中で止まる。エラーメッセージが出た後でWindowsのログイン画面になってしまう」
と、いうような症状で困っている人へ。

(エラーメッセージの例: "ダイレクト アクセスのためにボリュームを開けません", "Cannot Open Volume for Direct Access")

あてずっぽうな策ですが、パソコンを再起動するときにF8キーを押しっぱなしにして、セーフモードで立ち上げてみることを試してみてください。その状態でCHKDSKコマンドの実行されれば、最後までうまくいくこともあります(ただし、時間は普段よりかかります)。上記のエラーメッセージは、CHKDSKコマンドがハードディスクを処理しようとしたときに、既に他のプログラム(例えばウイルスチェックのソフト)がハードディスクを使用中であったため、CHKDSKコマンドは作業を中止した。と、いう意味だと思われます。セーフモードで起動した場合には、Windowsは必要最小限のプログラムしか起動させないので、そういうことは起きにくくなるはずです。

なお、セーフモードで起動した場合、ハードディスクのアクセスが遅くなる(たぶん速度より安全性を優先させている)ようです。このため、CHKDSKの作業は普段より時間がかかります。また、画面に何も表示されません。

(元の記事: CHKDSKコマンドが働かない

« 売値は1000分の1 | トップページ | 一生懸命書いた記事が一瞬で消えるとき »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

参考になりました。
セーフモードで起動するところまではやってみたのですが、画面表示が全くないので不安になってました。
待てば終わるという事でしばらく放置です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (再掲)CHKDSKコマンドが働かない:

« 売値は1000分の1 | トップページ | 一生懸命書いた記事が一瞬で消えるとき »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ