« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.30

『ネギま!』英語版、第6巻

6月下旬に英語版『ネギま!』の6巻目が発売された。既に出版社が数ヶ月前に約束していたことだが、前任の翻訳者は降板になり、今回は日本人(あるいは日系人)が訳をしている。これで3人目。これで、ファンたちを長いこと怒らせてきた誤訳、「南のマスター」は、やっと「千のマスター」に訂正された。

第1巻の翻訳者は日本人だったので日本語の解釈には問題はなかったが、出版社は訳文の英語の雰囲気や質がマンガとあっていないと判断し、2巻目からは英語ネイティブに交代。しかし、2巻から5巻までの翻訳をしていた人は、日本語の原文の読解力に問題があり、カタカナで書かれた「サウザンド(1000の)」を「サザン(南の)」だと誤解したまま、ずっと翻訳し続けた。

いくら英語としては自然で絵の雰囲気に合う訳文を作れる人であったとしても、ストーリー上重大な人物、すなわち主人公の父親であり伝説的な魔法使いである人物の、魔法使いとしての称号を誤訳するというのは問題がある。和文英訳という作業の中でもカタカナ英語の英訳は、辞書に載っていない言葉であるがゆえに特に厄介である。しかしその点を割り引いて考えても、作品中にちゃんと称号の由来について説明があるうえ、1巻では正しく訳されているので言い訳はできない。

この誤訳は、英語圏のファンから何度も指摘されてきたのに、出版社は長期にわたって問題を放置していた。(他にも、日本語の読み間違いに起因する小さな誤訳があった)。このため数ヶ月前にあるファンのグループが出版社に強く抗議し、その結果、5巻の出版には間に合わなかったものの、6巻からは翻訳者を変更すること、そして既刊分については、新しい版では誤訳を訂正して出すことを出版社は約束した。

さて、その6巻目を数日前に入手した。日本語の長母音を、マクロン(母音のアルファベットの上につける横棒)であらわすなど、個人的には歓迎したい表記上の変更もある。5巻では「おねえちゃん」を "One-chan"と表記していて何のことやらと思ったが、今後は、"onēchan"になるはずだ。既刊分では翻訳不能として無視されていた「ぼうや」という呼び方(エバンジェリンが、ネギを呼ぶときの呼び方)は、6巻ではそのまま "bōya"と表記されている。

正確な訳に注意するようになったこと、そして日本語の表記に対する配慮を強めたことは、いいことだと思うのだが、呼び名以外の部分、会話で使われている語彙や口調にも変化がある。ノンネイティブな私には、それらの変化が読者にどのような印象を与えるか分からないが、登場人物の使う語彙まで変えてしまったのは、過剰補正だったかも知れない。確かに登場人物たちがお互いを呼ぶときの敬称をどう英訳するかについても、一貫性のなさを批判する声はあった。例えば、過去の翻訳では「あにき」は "big brother" と訳しておきながら、「あねさん」は、そのままローマ字にするだけなど、なんとなく翻訳の方針に統一性がなかったようにも思える。しかし、いったんそういう風に訳すと決めて出版してしまったものを、後の巻でこれを変えてしまうというのは、どうだろうか? 呼び方が変わると、互いの人間関係が変わってしまったような印象を受けないだろうか? 語彙を変えると登場人物の性格が変わったように見えないだろうか? "The Southern Master" という誤訳は、絶対に訂正すべきことだったと思うが、 "big brother" は、そう書いてしまったならそのままでよかったように思う。既刊の巻は新しく印刷するときに修正が入るはずだが、誤訳以外のこういう変化も修正して統一するのだろうか? 書店で立ち読みすることができないので、ちょっと気になる。

デルレイがマンガの英訳を出版するのは『ネギま!』が初めてのことらしいので、ある程度の試行錯誤は仕方ないとは思うし、原作もまだ連載中であり、現時点ではおぼろげにしか提示されていない伏線や設定の存在など、翻訳上厄介な問題があり、そういう不利な条件を乗り越えた上で他社の英訳よりも質のよい本を出しているのだから、あまり強い批判はしたくない。とはいえ、そろそろスタイルを安定させて欲しいなと思う。7巻目は9月末に発売される予定だ。今後に期待したい。

2005.06.18

アリウム その3. 小球に分裂して手に負えない

以前書いたように、2社から買い求めたアリウムは、同一の写真を載せていたにもかかわらず、パッケージの中の球根の品種は違っていた

同じ写真だったからと安心して両方の球根を混ぜて植えてみたところ、大きさも葉の形も全く違うものが育ってきたので困惑したのだが、さらにあきれたことに、結局アリウムの球根は3種類あった。

最初に花を付けたいくつかの球根は、非常に大きく育ち、他の2種とは葉の形も違う。ネギというよりはチューリップの葉に似た形をしている。花色は全部白だった。(Allium neapolitanum アリウム・コワニーか?)

次に花を付けた種類は、花の構造が違っていて、葱坊主の部分にたくさんの球根(ムカゴ)を作る。花色は白、葉の形は普通のネギと同じ。(たぶん、Allium roseum)

最後に花を咲かせたものが、パッケージの写真と同じ種類だった。

(さらに、実はひとつだけ、まだつぼみの段階のものがあり、何やら上記3つのどれとも違う感じがするので、4番目の品種かも知れない。どうも、タンチョウアリウム Allium sphaerocephalum ではないかと思える。)

さて、もう梅雨だ。球根が腐ると嫌なので、花が終わり葉も枯れてしまったものについては球根を収穫したいところなのだが、混ざった品種をどうやってより分けようか・・・

植えた場所と咲いた花の関係は覚えているから、球根を掘り出してそれぞれを分けるのにそんな苦労はいらないと思っていたのだが、ひとつ誤算があった。球根がやたらと増えている。掘り出すときに注意しないと、増えた球根はすぐに隣にある別の種類と混ざってしまいそうだ。どうしたもんだろうね?

今回は失敗だったとあきらめて、次に植えるものは信用の置けることから具体的な品種名をきちんと指定して改めて買うことにしようか・・・

そう思いながら、今朝球根を掘り上げてみた。最初に植えたものよりずっと小さい大豆くらいの大きさの小球根ばかりがいくつも増えていて、来春にまともに花が咲くとはとても思えない。アリウムは球根がたくさんの小球に分裂して一つ一つは小さくなってしまう傾向が強いとは聞いていたけれど、これほどとは思わなかった。(それとも、育て方がまずかったのか?)

捨てるのは忍びないから、一応大雑把に分けて適当にどこかに植えるとは思うけれど、一球一球を別の鉢に植えて、来春に咲く花を見て丁寧に分類しよう・・・ なんて気持ちはなくなってしまった。いったいいくつに増えたのやら。

2005.06.15

オニユリ その2. ムカゴで増える

オニユリは、ヒガンバナと同様に、中国大陸から日本列島に人間が移り住むときに、球根を食用にするために大陸から持ち込まれたものらしい。おそらく日本に持ち込まれる以前から、人の手によって野生のものの中から大きく育ちやすいものが選択され栽培されていたのだろう、どちらも3倍体なので種を作らない(中国大陸には、2倍体で種を作るものがある)。その代わり、ヒガンバナは球根が分裂してよく増えるし、オニユリは茎にムカゴを大量に作る。

我が家にあるオニユリも、昨年、ムカゴから芽を出して10センチそこそこまで育たたときには、もう、竹ひごのように細い茎の上に、まいたものとあまり変わらない大きさのムカゴを作っていた。どうせ花を咲かせても種は作れないのだから、球根を太らせたり花を咲かせたりするよりもムカゴをどんどん作る方向にエネルギーを優先しているのかも知れない。今年も、去年以上にたくさんのムカゴができつつあるが、ムカゴに栄養を取られて地下の球根を太らせる分が減ると嫌なので、育つ前に取り除いている。

2005.06.14

オニユリ その1

おととしの秋に、近所の道端で咲いていた鬼百合からこぼれ落ちていたムカゴをいくつか拾ってきて、鉢に植えてみた。去年の春先に芽が出てきたが、夏の暑さのせいか高さ10センチそこそこまで育ったところでみんな枯れてしまった。球根までは死んでおらず、少しだけ大きく育っていた(それでも直径1.5センチくらい)ので、そのまま放置し、乾燥を防ぐためにごくたまに水をやる程度に様子を見つつ去年は終わる。

そして、今年の春にまた芽が出てきた。あいかわらず普通に見かける鬼百合(だいたい1メートル以上の高さになる)に比べると非常に小さいが、5つ植えたうちのひとつだけ、背丈が20センチくらいに育ち、今、頂上につぼみをつけている。今年も花は咲くまいと思っていたので、ちょっと嬉しい。上手に育てれば、もしかしたら最初の年に花を咲かせることもできたのかも知れない。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ