« カランコエ その10 | トップページ | 移動祝日 その2 »

2005.01.07

カランコエ その11

3日に、屋外に出しっぱなしだったカランコエの鉢植えたちを全て家の中に持ち込んだのだが、残念ながらいくつかは既に酷いダメージを受けていた。葉や茎の色が変わり始めた時点で(茹でた野菜のように色が濃くなる)、すでに細胞壁は破壊されているのだろう。室内に並べたその日には、ちょっと変色しているだけで見たところ何ともない感じだったが、翌日には、透明でつやのある樹液が葉の全面からにじみ出しているものがあり、部屋の中は「かしわ餅」そっくりの臭いで一杯になった。

鉢を部屋に持ち込んで4日が過ぎ、被害のあったカランコエも樹液はすっかり出尽くし、葉はちりぢりに縮み、すっかりやわらかくなっている。今は少しだけ水を与えつつ様子を見ているところであり、いくつかは回復しそうな感じもするが、全部が生き残るかどうかは分からない。雪が降った翌日に取り込んだものは、特に目立った被害はない。あのとき全部取り込んでおくべきだったが後の祭りである。

« カランコエ その10 | トップページ | 移動祝日 その2 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カランコエ その11:

» カランコエ咲く [たゆたう日々]
頂いたカランコエの鉢植えの花がほぼ満開になりました。 家の中に緑があると和みますね。癒されます。 職場の机にもなにか緑が欲しくなってきました。 ただ日光が当たらない場所なんですよね。 あとそれほど場所も広くないので、 小さな観葉植物でも探してみようかと。... [続きを読む]

« カランコエ その10 | トップページ | 移動祝日 その2 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ