« Phrasal verb (句動詞) | トップページ | スイカと Basic English »

2004.08.27

ひまわり その10

以前「その9」に書いたように、たくさん植えた中でひとつだけ、花芽が茎のてっぺんだけでなくあちこちにできているものがあった。本来の花である一番上のものが咲いている間は、特に目立った動きもなく、小さなでっぱりが葉の付け根にあるというだけであったが、一番上の花を切ってからは、それらが成長し始め、今日になって3つほど開花した。つぼみはまだ4つくらいある。茎の横に丸くついているつぼみは、何となく芽キャベツのようである。(さすがに、芽キャベツほどたくさんはついているないが)

花が小さくなっても、外周にある花びらの大きさはあまり変わっていないので、ややヒマワリらしくない形になっている。花はますます小さくなった数は多いので、週末から来週にかけてかなり賑やかになりそうだ。これもまた楽しい。しじみのような形の小さな蝶が、蜜を吸いに頻繁にやってくる。

もともとわき芽のつぼみなどなかった株でも、てっぺんの花を切ると葉の付け根に花芽ができ、まるいつぼみに育っている。再来週には、これらも花を咲かせることになるだろう。

« Phrasal verb (句動詞) | トップページ | スイカと Basic English »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひまわり その10:

« Phrasal verb (句動詞) | トップページ | スイカと Basic English »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ