« 気晴らしに19世紀の英文学を読む | トップページ | 路上にグラジオラスの球根 »

2004.07.25

TOEICを受けてきた

まさか、function という単語に、「公式のディナー、パーティ」という意味があるとは思わなかった。こんな単語はとっくに知っていると思って、油断していると足をすくわれるという、典型例だ。試験場では答がわからず、自宅に戻ってから辞書を引いてわかった。6000円払って、単語の意味の一つを覚えたことになる。経験は最良の教師だが授業料が高すぎるね。とはいえ、受験料は既に払ってしまっているのだし、たったひとつでも何か知識を得られるほうが、何も得られないよりよい。

TOEICが点数以外の採点結果を返してくれないのは残念である。他にも取りこぼした問題はたくさんあるだろう。どんな問題を誤答したか間違いを自覚できれば、もっと勉強できるだろうに。もっとも、模擬試験の問題集はたくさんあるのだから、それをきちんとやればいいのだが。

それにしても、いつまでたっても900点の壁が越えられない。やっぱり、ちゃんと参考書を見て勉強するべきか。過去の経験から言っても、確かに、一定期間集中して試験対策をやらないと、点数は伸びないような気がする。今は、漫然と読書を楽しんでいるだけである。

さて、とにかく今日は疲れた。近所の川原でやっている打ち上げ花火の音が盛大に聞こえてくるので、ちょっと見物してこようと思う。

« 気晴らしに19世紀の英文学を読む | トップページ | 路上にグラジオラスの球根 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOEICを受けてきた:

« 気晴らしに19世紀の英文学を読む | トップページ | 路上にグラジオラスの球根 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ