« ひまわり | トップページ | IT技術、次の主戦場は・・・ »

2004.07.02

Basic English 関連のおすすめの本

私は、Basic English そのものについては、そんなに深入りしたくない(それ自身を目的化するつもりはない)。あくまでも基礎的な英語力を身につけるための手段として、勉強するつもりである。今日は、私が、「これは役に立つ」と思った Basic English の本を取り上げたい。

自分で使える英語:ベーシック・イングリッシュ
牧 雅夫 (著)

Basic English の基本動詞16について、豊富な用例あり。この著者の前作『自信を持って英作文を教える』は、残念ながらちょっと説教臭いし「学者の独りよがり」という感じがしてあまり好きになれないが、『自分で使える英語』のほうは、基本動詞や前置詞の使い方について豊富な用例(1000件以上の例文)を用意した一般的な入門書として、ベーシック・イングリッシュに興味のない人にたいしても、強くお勧めできる良書だと思う。値段も安い。

英語基本動詞の豊かな世界―名詞との結合にみる意味の拡大
相沢 佳子 (著)

これは、ベーシック・イングリッシュそのものの本ではなく、「ベーシック・イングリッシュは、動詞をわずか16に制限するという極端な単純化をやったにもかかわらず、なぜ、かなり自然な英文を組み立てることが可能なのか?」という観点から、英語の構造について分析した本。非常に勉強になるので、強くお勧めしたい。

この本を読んだ後で英語のペーパーバックを読むと、「基本動詞+具体的な動作を意味する名詞」の組みあわせが、英文では非常にたくさん使われていることに気がつくことになる。
1930年代にベーシック・イングリッシュが作られたときとは異なり、現代はコンピュータを駆使した莫大なコーパス(サンプルとなる文章のデータベース)があり、これをもとにベーシック・イングリッシュを再評価してみると、実に合理的なものであったということが分かるそうだ。

同じ著者から、『ベーシック・イングリッシュ再考』という本も出ている。こちらのほうが先に出版された。ベーシック・イングリッシュの歴史的な経緯についての説明がある。

« ひまわり | トップページ | IT技術、次の主戦場は・・・ »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Basic English 関連のおすすめの本:

» Yasushi, BASIC についてのブログを見つける [On BASIC English]
BASIC English を取り上げているブログなんか、ぼくのところだけかと思 [続きを読む]

« ひまわり | トップページ | IT技術、次の主戦場は・・・ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ